仮想通貨の「無断採掘」 無罪判決に控訴、横浜地検

2019/4/10 18:38
保存
共有
印刷
その他

横浜地検は10日、自身が運営するウェブサイトに、閲覧した人のパソコンを仮想通貨の獲得手段「マイニング(採掘)」に無断利用するプログラムを設置したとして、不正指令電磁的記録保管の罪に問われたウェブデザイナーの男性(31)を無罪とした横浜地裁の判決を不服とし、控訴したことを明らかにした。9日付。

裁判では、このプログラム「コインハイブ」が、コンピューターウイルスに当たるかどうかが争われた。3月27日の判決は不正な指令を与えるプログラムには該当しないとした。検察側の求刑は罰金10万円だった。〔共同〕

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]