イオン九州、マックスバリュ九州と統合延期

2019/4/10 18:30
保存
共有
印刷
その他

イオン九州マックスバリュ九州は10日、9月に予定していた経営統合を延期すると発表した。同日発表した2019年2月期の業績が予想を下回り、現状で統合を進めた場合、事業モデル構築に時間がかかると判断した。

両社は18年10月、今年9月1日に新たな持ち株会社を設立し、イオンストア九州(福岡市)を含めた3社が傘下に入る統合案を発表。食品事業で売上高を5000億円まで高める計画を立てていた。

ただイオン九州が同日発表した営業利益が豪雨などの影響で前年同期比94.2%減の5000万円となった。福岡市で会見したイオン九州の柴田祐司社長は「統合の前提となる利益をイオン九州であげられなかった」と話した。

マックスバリュ九州も利益が予想を下回ったことから、統合後にイオンストア九州の損失を2社で補う当初計画の見直しを迫られた。

柴田社長は「統合に向けた協議は継続する」と強調した一方「今のままでは株主に納得してもらえない」と話した。九州の小売業界ではドラッグストアやコンビニとの競争が激化し、衣料品などの非食品事業も統合後の見通しが立っていない。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]