/

この記事は会員限定です

[社説]自衛隊の装備運用は大丈夫か

[有料会員限定]

航空自衛隊が導入したばかりの最新鋭戦闘機F35Aが墜落した。防衛力強化の象徴的な存在だっただけに、内外に与える影響は小さくない。装備の高度化に伴い、自衛隊の対応能力が問われる局面は増加している。事故機にとどまらず、全装備の再点検を整備と運用の両面から急ぐべきだ。

米英などが中心になって開発したF35はレーダーに捕捉されにくいステルス能力を持つ。イスラエルなどが実戦配備済みだ。日本は中国の海洋進出な...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り583文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン