政府の骨太方針、目玉に「デジタル政府」 難題先送り

2019/4/11 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府は2019年の経済財政運営の基本方針(骨太の方針)を巡る議論に着手した。行政サービスを電子化していく「デジタル政府」の推進を目玉に掲げる。個人や中小企業の手続きを簡素化して生産性の改善につなげる。夏の参院選を前にして賛同の得やすいテーマを優先する。社会保障の給付と負担の見直しなど賛否の割れる難題を詰めるのは先送りする。

政府は10日、経済財政諮問会議(議長・安倍晋三首相)で骨太のテーマを協議…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]