/

セブン、国内外他社のバーコード決済も導入方針

セブン―イレブン・ジャパンは10日、さいたま市内で行った商品政策の説明会で、スマートフォン(スマホ)を使ったバーコード決済サービスについて、国内外の他社のサービスにも対応する方針を明らかにした。利便性を高め、集客につなげる。

セブンは7月からスマホのバーコード決済サービス「セブンペイ」を始める。導入に合わせ、中国のQRコード決済「微信支付(ウィーチャットペイ)」や「支付宝(アリペイ)」に同時に対応する。国内のバーコード決済についても2019年度上期に対応することを目標とするという。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン