/

ソフトバンクG、AI清掃ロボットが1カ月間無料

ソフトバンクグループ(SBG)傘下のソフトバンクロボティクス(東京・港)は10日、人工知能(AI)清掃ロボット「Whiz(ウィズ)」の販売拡大に向け、最大1カ月間、無料で顧客がロボを利用できるキャンペーンを実施すると発表した。協業企業を通じロボのレンタルや販売を進める戦略も公表した。

レンタル大手のアクティオ(東京・中央)や大塚商会ダスキン、リコージャパン、ソフトバンクなど国内8社とパートナー契約を締結した。

ウィズは2019年5月から本格販売を始める。オフィスビルやホテル、病院や商業施設向けに、無料キャンペーンの第1期受付を10日から30日まで実施。顧客はまずロボを1日使用した後に利用契約を結び、最大1カ月間無料で使える。キャンペーン以後、契約継続の場合は課金する仕組みだ。

夏以降に第2期の受け付けを始める計画。あわせて3000施設にロボを提供することが目標だ。

ソフトバンクロボティクスの冨沢文秀社長は「日本発のロボットで海外に挑戦したい」と話す。日本市場で製品やビジネスモデルを固めた上で、海外市場に打って出る考えだという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン