2019年5月26日(日)

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,117.22 -33.92
日経平均先物(円)
大取,19/06月 ※
21,100 ±0

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

鈴木亮の視界亮行[映像あり]

5月24日(金)14:20

アマゾンジャパン ファーウェイ製品の直販停止[映像あり]

野村 情報漏洩問題で15時から記者会見

5月24日(金)13:00

[PR]

円ドルダービー

フォローする

為替相場よむ3つのポイント 円・ドルどう売買
学生円ダービー参加者募集

(1/4ページ)
2019/4/13 2:00
保存
共有
印刷
その他

外国為替相場(がいこくかわせそうば)と聞いて、皆さんは何を思い浮かべますか? ニュースで円が高くなったり安くなったりと聞いて、普段買い物に使う通貨の値段が上下するのを不思議に思ったことがある人も多いのではないでしょうか。あるいは家族旅行を計画するときに「今は円高だから海外に行こう」と相談した人もいるかもしれません。

ここでは外国為替市場(略して外為市場=がいためしじょう)のあらましと予想の仕方について、できるだけ簡単に解説します。日本の円や米国のドルといった通貨は、その国の中では買い物のための道具ですが、外為市場では「国の経済力を表す指標」として値段がつきます。そして外為市場には外国旅行をする個人から国境を越えて貿易する企業、銀行まで様々な参加者がいます。

日本経済新聞社は、第19回円・ドルダービー 全国学生対抗戦(学生円ダービー)の参加者を募集します。中学生から大学生までのチームに、6月末と7月末の為替相場の予測を競っていただきます。以下では「外国為替とは何か」「どんな要因で動くのか」といった基本的な背景を押さえた上で、具体的な予想の方法もいくつか紹介します。学生円ダービーに参加する学生はもちろん、為替相場について学びたい全ての人に参考になるでしょう。

全国学生対抗円ダービーの応募はこちらから。詳しい条件は関連記事「第19回 円・ドルダービー 全国学生対抗戦」をご覧ください。

<外国為替市場の基本>

■為替は「遠くの相手とのお金のやりとり」

まず「為替(かわせ)」という耳慣れない言葉の意味から確認しておきましょう。為替は簡単に言うと、「実際に移動させることなく、離れた場所にいる相手と、お金をやりとりする仕組み」を指します。簡単と言いながら、難しいですね。しかし実際に用いられる場面は案外、身近なところにもあります。

皆さんの中にはインターネットで買い物をしたことがある人も多いでしょう。ネットで商品を買うと、クレジットカードやコンビニの伝票を使ってお金を支払いますよね。実はこれも為替取引の一種です。皆さんが実際に現金を持っていかなくても、カードや伝票を通じて遠くにいる人にお金を支払うことができるのは、為替の仕組みが機能しているからなのです。

もう少し詳しく説明すると、為替は銀行などの金融機関の存在によって成り立ちます。ネット通販の例では、皆さんがカードで支払いを約束すると、その人の持つ金融機関の口座から、商品を送ってくれる業者の口座へとお金が移動します。為替はある金融機関の口座から別の金融機関の口座へのお金の移動とみなすこともできるのです。

ちなみに日本では江戸時代から為替が本格的に用いられるようになりました。当時は江戸と大阪の間でお米の取引が盛んでしたが、お米を扱う商人や大名は、いちいち取引に使うお金を持ち運ばず、「両替商」といわれる今日の銀行にあたる存在を使ってお金をやりとりしていたのです。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

2018年の学生対抗戦

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム