2019年6月18日(火)

3月輸入物価指数、3カ月ぶり上昇 原油高を反映

経済
2019/4/10 17:09
保存
共有
印刷
その他

日銀が10日公表した3月の輸入物価指数(速報値、2015年平均=100)は円ベースで97.3と前年同月比2.5%上昇した。原油価格など国際商品市況の回復を反映し、3カ月ぶりに上昇に転じた。

内訳をみると、押し上げ役になったのは石油・石炭・天然ガスだ。昨年末にかけて下落基調だった商品相場が、米中貿易協議の進展や中国の景気対策への期待感から年明けに反転したのを映した。中国の需要が大きい銅鉱やニッケル地金などの金属・同製品も輸入物価の持ち直しに寄与した。

国内の企業間取引の価格を示す企業物価指数は3月に前年同月比1.3%上昇した。昨夏に3%超あった伸び率は19年1月に0.6%まで鈍化したが、足元で緩やかに高まっている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報