2019年5月25日(土)

凸版印刷 取り扱い説明書をスマホで管理

ネット・IT
エレクトロニクス
2019/4/10 15:03
保存
共有
印刷
その他

凸版印刷は家電などの取り扱い説明書や保証書を管理できるサービス「イエマネ」を始めた。説明書などをデジタルで一元管理できるほか、メンテナンス時期を通知する。スマートフォン(スマホ)やタブレットなどが普及するなか、説明書など大量の冊子を手元に置く必要がなく、手軽に家電を管理できる。2025年までに50万人の会員獲得を目指す。

消費者はスマホでバーコードやQRコードをなどを読み取り、家電や住宅設備を登録すると、保証書などの管理や故障時の問い合わせなどができる。無料で使える。

6月からは登録製品のメンテナンス時期を自動で知らせてくれる機能も追加する予定だ。利用者は保証期間や標準使用期間の終了がわかるため、買い替え時期を正確に把握することができる。登録家電がリコール対象になった場合も通知するため、安全に家電を利用できる。

12月にはUSBや近距離無線規格「ブルートゥース」の機能を持つ消費電力を計測する機器「ワットチェッカー」と連携し、消費電力が把握できるサービスも開始する予定だ。家電メーカーなどに情報発信ツールとして利用を促し、25年までに約20億円の関連売上高の計上を目指す。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報