/

20年間の積立投資、その成果は(投信ランキング)

国内公募の追加型株式投資信託(ETFを除く)を対象に、2019年3月までの過去20年間で毎月積立投資をした場合のファンドの運用資産額(評価額)が大きい順にランキングしたところ、上位10本のうち6本を国内の中小型株に投資するファンドが占めた。

トップ3はいずれも国内中小型株ファンド。1位は「ミリオン(ジャパン ドリーム ポートフォリオ) 」、2位が「スーパー小型株ポートフォリオ」、3位が「日本新興株オープン」だった。「ミリオン」は給与天引きの積立投資専用ファンドで、毎月1万円ずつ投資した場合の積立総額の240万円に対し、19年3月末時点では資産額が1145万円になった。20年前に240万円を一括投資した場合のランキングでも首位となった。

これらのファンドは投資初期の2000年ごろに、IT(情報技術)バブル崩壊で基準価額が値下がりしたが、12年末以降のアベノミクス相場などで大きく上昇した。積立投資を開始した時期に安い価格で多くの口数を購入できたことで、上昇相場の恩恵を受けやすかったようだ。とりわけ、国内中小型株は12年末以降に価格が急騰したため、より多くの恩恵を受けたもよう。

ただ、20年前に積立投資を始めた場合と一括投資をした場合の資産額を比べてみると、積立投資が一括投資の結果を上回ったのは3位の「日本新興株オープン」だけだった。同期間に右肩上がりの上昇相場が続いたため、一括投資に有利な結果となった。

(QUICK資産運用研究所 笹倉友香子)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン