2019年5月21日(火)
速報 > 人事 > 記事

ユニー・ファミマHDを再編、社長に沢田氏
高柳氏は会長に

小売り・外食
2019/4/10 14:02
保存
共有
印刷
その他

ユニー・ファミリーマートホールディングス(HD)は10日、9月1日付で事業会社ファミリーマートを吸収合併するのに合わせ、社名をファミリーマートに変更すると発表した。社長に現ファミリーマート社長の沢田貴司氏(61)が就く人事案も発表した。ユニー・ファミマHD社長の高柳浩二氏(67)は会長になる。

ユニー・ファミマHDがファミマを吸収することで、HD制を解消する。同日、都内で記者会見した高柳氏は「持ち株会社と事業会社の二重構造は会議が増えるなどスピード重視(の経営)に向いていなかった。早い時期から一つにしたい思いがあった」と述べた。

ユニー・ファミマHDは2016年9月、ファミリーマートと旧ユニーグループ・ホールディングスが経営統合して発足した。今年1月には総合スーパーのユニーを、ドンキホーテHD(現パン・パシフィック・インターナショナルHD)に売却していた。高柳氏は沢田氏との役割分担について「パン・パシフィックHDとのやりとりは私、ファミリマートについては沢田氏中心に担当していく」と話した。

また同日、正式発表した24時間営業の見直し実験について、沢田氏は「加盟店の収益への影響や時短営業がサプライチェーンにどう影響するかを検証し、今後の対応を考える」と話した。

沢田 貴司氏(さわだ・たかし)81年(昭56年)上智大理工卒、伊藤忠商事入社。97年ファーストリテイリング入社、98年副社長。02年にファストリ退社後、企業支援会社のリヴァンプなど設立。16年ファミリーマート社長。石川県出身

保存
共有
印刷
その他
コンビニ本部とオーナーの交渉に影響を与える可能性も(東京都千代田区の店舗)

ファミマ、24時間営業見直し試行へ[有料会員限定]

2019/4/9 18:30

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報