/

この記事は会員限定です

伝統の輝き再び 元ブラジル代表、サッカー選手育成

編集委員 武智幸徳

[有料会員限定]

「サッカー王国」のブラジルが最後に優勝したワールドカップ(W杯)といえば、日本と韓国が共催した2002年大会まで遡る。その時の優勝メンバーだったエジミウソン氏(42)が日本のスカイライトコンサルティング株式会社と手を組み、母国で選手の育成事業に乗り出すことになった。「ブラジル伝統の色を取り戻す」と意気込む本人に、このほど話を聞いた。

輝かしい球歴、財団つくり学校運営

W杯優勝以外にもエジミウソン氏...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2413文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン