/

この記事は会員限定です

銀座千疋屋のつやつやイチゴ、技術伝承はAIで

編集委員 吉田忠則

[有料会員限定]

「村田さん家のいちご」。高級フルーツパーラーで知られる銀座千疋屋(東京・中央)が開くフェアの名前だ。主役はよりすぐりのイチゴ。栽培したのは茨城県鉾田市の村田和寿さんで、就農から30年たつベテラン農家だ。「顔の見える生産者」になることは多くの農家の目標。村田さんはどうやってそれを実現したのか。

フェアは4月13、14日の2日間、銀座千疋屋の2階のフルーツパーラーで開く。提供するのはバニラアイスや生ク...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2089文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

食の進化論

農政から先進農家、スマート農業、植物工場、さらにカリスマシェフや外食チェーンなど「食と農」に関するテーマを幅広く取材してきた。著書に「見えざる隣人」「農は甦る」「コメをやめる勇気」「農業崩壊」。中国の駐在経験も。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン