2019年5月23日(木)

北朝鮮、今後の外交方針を決定か 党中央委総会を開催

北朝鮮
朝鮮半島
2019/4/10 9:13
保存
共有
印刷
その他

【ソウル=恩地洋介】北朝鮮の朝鮮中央通信は10日、朝鮮労働党の政治局拡大会議が9日に開かれ、10日の党中央委員会総会の招集が決まったと伝えた。招集の目的を最近の情勢に対応した「新たな闘争方向と方法を討議、決定するため」としており、金正恩(キム・ジョンウン)委員長が今後の外交方針を打ち出す可能性がある。

9日の党政治局拡大会議に出席した金正恩氏=朝鮮中央通信・ロイター

2018年4月に開かれた党中央委員会総会では、金正恩氏が核実験や大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射中止を表明した。今回は2月末の米朝首脳会談で合意が見送られたことを踏まえ、今後の米朝交渉にどのような姿勢で臨むかが注目される。

報道によると金正恩氏は9日の政治局拡大会議で司会を務め、党と国家が至急対応すべき問題について「深刻に分析して今の緊張した情勢に対処し、党の新しい戦略的路線を徹底的に貫いていく」と強調した。11日には最高人民会議(国会に相当)も開かれる。金正恩氏が3月の代議員選挙に出なかったことから、指導部の組織改編などを決定するとの観測がある。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報