/

この記事は会員限定です

就職氷河期世代の支援、政府が抜本策 19年夏にも

[有料会員限定]

政府は就職氷河期世代の就労支援を本格化する。30代半ばから40代半ばの世代の一部は、新卒時に正社員になれなかったことで今も不安定な就労状況に置かれている。不安定な就労は将来の社会保障費を増大させたり、生産性向上を阻んだりする要因となる。政府は抜本的な支援策を検討し、今夏にもまとめる。

10日に開く経済財政諮問会議(議長・安倍晋三首相)で議論する。会議の民間議員は「今後3年程度で集中的に再チャレンジ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り503文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン