/

第19回 円・ドルダービー 全国学生対抗戦

~5月31日まで参加チームを募集~

日本経済新聞社は、学生がチームで円相場の予想を競う「第19回全国学生対抗円ダービー」を開催します。

6、7月末の東京外国為替市場の円・ドル相場を予想し、2回の予想を通じて相場との差が最も小さかったチームを優勝とします。これとは別に、予想方法に独自の工夫がみられたチームを「ユニーク賞」として表彰します。次の要領でお申し込みください。

参加資格

中学校から大学までの学生・生徒が対象で、同じ学校に所属する3人以上でチームを組み、指導教員がつくのが参加の条件です。1人の教員が複数チームを担当してもかまいません。3人に満たない場合や教員がいない場合は失格になります。

応募方法

 学校名、指導教員名を明記して、日本経済新聞電子版(▼電子版→マーケット→為替・金利→円・ドルダービー)の応募ページから応募してください。予想方法や予想の根拠は、別途、電子メールで送ってください。↓↓応募ページはこちらです↓↓

https://esf.nikkei.co.jp/yderby2019gakusei/

予想方法はユニーク賞の選考対象です。なるべく詳しく書いて、ぜひ、電子メールでお送りください。◇電子メール yendb@nex.nikkei.co.jp

1回戦の応募締め切りは5月末、2回戦の応募締め切りは6月末です。2回戦への参加は1回戦に応募したチームに限り、1回戦で発行される応募番号が必要になります。

電子版の円・ドルダービーのコーナーで、為替相場の仕組みや予想の仕方を解説していますので参考にしてください。

発表方法

 1回戦=6月末相場の予想結果、2回戦=6月末と7月末を合わせた予想結果を、それぞれ紙面と電子版に掲載します。いずれも、上位に入ったチームの学校名と、学生・生徒代表者の氏名を発表します。応募者には、日本経済新聞の記者が電話やメールで取材することがあります。

予想の方法

為替相場は金利や株価など様々な経済指標と絡み合い、日々のニュースにも左右されます。過去の受賞者は中央銀行の金融政策を詳しく追ったり、データ解析に挑むなどして予想を立ててきました。

昨年の第18回で優勝した明治大のチームは米連邦準備理事会(FRB)の利上げが円安につながるとする予想をチームで議論して立て、実際の相場との差が2カ月合計で12銭という好結果を残しました。

ユニーク賞に輝いた慶応義塾大のチームは、東京ディズニーランドの来園者数と為替相場の相関という独自の着眼点が審査員の評価を集めました。

分析手法も表計算ソフトを用いた「相関」の算出に始まり、人工知能(AI)の基礎となる機械学習を取り入れるなど高度化しています。ぜひ新たな視点で円相場に挑んでみてください。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン