/

この記事は会員限定です

課題は資金調達 国内資本の蓄積少なく

[有料会員限定]

最貧国からも力のあるスタートアップ企業が誕生し始めているが、課題は資金調達だ。こうした国々では国内資本の蓄積が少なく、銀行などの金融機関も成長性のある企業を見極める能力が乏しい。

国際展開を始めたミャンマーの360edも国外ファンドなどからまだ出資を受けていない。同国でベンチャー投資を手掛けるトラストベンチャーパートナーズの後藤信介代表も同国では「金融が発達していないた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り186文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン