/

最新鋭ステルス戦闘機、レーダーから消失

防衛省は9日夜、航空自衛隊の最新鋭ステルス戦闘機F35Aの機影が、空自三沢基地(青森県三沢市)東の太平洋上空でレーダーから消えたと発表した。40代の3等空佐が搭乗しており、夜間訓練中に墜落した可能性がある。空自の救難機などが現場付近を捜索している。防衛省によると、F35A型が墜落した事例はこれまでにないとみられる。空自は他の同型機について運航を当面の間、見合わせる方針。

F35はステルス性能のある最新鋭の第5世代機と位置づけられ、現在日本が導入しているF35A型と、短い滑走で離陸し垂直着陸できるF35B型がある。同省によると、A型が墜落した事例は世界でこれまでに確認されていない。

愛知県豊山町で公開された戦闘機「F-35A」

政府はF35AをF4戦闘機やF15戦闘機の後継の主力戦闘機と位置づけて調達を進める計画で、墜落だとすれば今後の計画に影響を及ぼす恐れもある。

空自によると、消息不明となったF35Aは三沢基地の所属。9日午後7時ごろ、戦闘機対戦闘機の訓練をするために計4機で同基地を離陸した。約25分後に基地の東約135キロの太平洋上でレーダーから消えた。異常を知らせるようなやり取りは無かったという。

F35Aは2018年1月に三沢基地に初めて配備された。その後、随時機体が納入され、19年3月に12機、80人態勢で飛行隊が新設されたばかりだった。9日時点では13機が配備されていた。

政府は将来的にF35B型も導入する方針。B型をめぐっては18年9月に米国南部で訓練中の米軍機が墜落する事故が発生した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン