2019年8月26日(月)

リニア工事 環境保全で「事前の代償措置」 JR東海

2019/4/9 20:16
保存
共有
印刷
その他

JR東海は9日、リニア中央新幹線の南アルプストンネル工事による自然環境への影響を低減するため「事前の代償措置を検討・実施する」と表明した。予測されるリスクを回避、低減することに加え、予測が難しい事態にも踏み込んで対応することで、工事着手を円滑に進めたい考えだ。

県中央新幹線環境保全連絡会議で専門家の質問に答えるJR東海の担当者ら

静岡県庁で開いた県中央新幹線環境保全連絡会議の生物多様性専門部会で述べた。

JR東海は環境影響評価の手続きにおいて、希少植物の移植や大井川流域の水質チェックなどを行うとしている。これに加えて事前の代償措置をとるとし、具体的な方法は今後専門家らの意見を踏まえて決める。JR東海の沢田尚夫環境保全統括部担当部長によると、大井川水系に住む魚類などの保全を念頭に提案したという。

リニアトンネル工事を巡っては、大井川の流量減少とともに水質変化や生態系、希少生物への影響も懸念されている。県とJR東海は、連絡会議で水資源部会と生物多様性部会に分けて協議している。

この日は工事期間中の作業員の生活排水の処理方法などについても話し合った。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。