/

この記事は会員限定です

炭素繊維プラ量産へ小松に実験棟 サンコロナ小田

[有料会員限定]

カーテン生地製造のサンコロナ小田(大阪市)は、高強度で複雑な形状に成型できる炭素繊維複合材の量産化に本格着手する。生産拠点を持つ石川県小松市で2020年半ばをメドに実験工場を開設する。効率的な加工ができる機械設備を導入して量産技術を確立し、生産コストを半分以下に抑える。自動車部品やスポーツ用品などの販路拡大を見据える。

生産するのは炭素繊維と熱可塑性樹脂を組み合わせた炭素繊維強化プラスチック(CF...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り945文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン