/

新紙幣ここが変わる 最新3Dで偽造防止、数字大きく

2024年度上半期に発行する新たな紙幣は偽造を防ぐため、最新の3次元(3D)技術によるホログラムを導入する。高齢者や訪日外国人が増えることにも対応し、額面の表示は漢数字より洋数字を大きく印字する。

1万円札と5千円札には縦長の3Dホログラムを付ける。肖像が浮き上がって見え、右や左からのぞいても正面の顔が追いかけてくるように見える。従来のホログラムは見る角度によって数字とマークが入れ替わるものだった。「まねしにくい技術を採用し、犯罪防止につなげる」(財務省)。千円札にも小型のホログラムを付ける。

紙幣で白い丸や楕円形になっている「すき入れ」は、光に当ててすかすと図柄が浮かび上がる。従来より精度の高い図柄を描くという。高齢者や訪日外国人にも読みやすいよう、額面表示は洋数字を漢数字よりも大きくして目立たせる。紙幣を識別するための通し番号である「記番号」は、現在の最大9ケタから10ケタへ変更。流通量が多くなっても対応できる。

一方、500円の新硬貨は「バイカラー・クラッド」という技術を導入する。ゴールドに近い色とシルバーの2色を使うほか、中心部は異なる金属によって3層構造とする。自動販売機なども新技術への対応を進め、偽物を見分けやすくする。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン