/

この記事は会員限定です

[社説]薬の費用対効果正しく測り上手に生かせ

[有料会員限定]

薬の価格に「費用対効果」を反映させる仕組みを、厚生労働省が2019年度から始めた。わかりにくい薬の価値を科学的に測るのは重要だ。評価する対象をできるだけ広げ、将来は価格調整のためだけでなく、保険の適用対象とするかどうかの判定基準などにも活用してほしい。

新薬によって健康を保ちつつ寿命を1年延ばすのに必要な費用が、他の治療よりどれだけ高いか計算し、結果に応じて薬価を最大10~15%下げる。スタートし...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り728文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン