/

NHK、子会社社長の板野氏が専務理事復帰

NHKは9日、専務理事などの役員人事を発表した。元専務理事の板野裕爾・NHKエンタープライズ社長が専務理事に復帰し、グループ経営改革を担う。また荒木裕志理事を専務理事に昇格させる人事も決めた。就任は4月25日付。

板野氏は籾井勝人・前会長時代に専務理事を務めた。板野氏は官邸と近いという指摘もあり、今回の人事を巡って、野党側が反発する可能性もありそうだ。上田良一会長は同日、「経営の継続性に留意しつつ、より強力な経営陣を実現しようと、適材適所を貫いて人選した」とコメントを発表した。

NHKの最高意思決定機関であるNHK経営委員会の石原進委員長は9日の委員会後、記者団の取材に応じた。石原委員長は12人の経営委員のうち10人が人事案に賛成した一方で、2人が棄権したことを明らかにした。棄権した2人の委員は板野氏の就任に厳しい見方を示していたという。

石原委員長は「グループ経営はNHKの最も重要な改革事項の一つ」と指摘。「板野さんはNHKエンタープライズで実績を上げてきたので、(専務理事になるのは)良いことではないか」と述べた。

またNHKは同日、天井の耐震性向上に向けた改修や設備更新のため、NHKホールを2021年3月~22年6月まで休館すると発表した。休館に伴い21年12月の「NHK紅白歌合戦」は東京都千代田区の東京国際フォーラムで開催する予定だ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン