最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 18,065.41 -851.60
日経平均先物(円)
大取,20/06月 ※
17,820 -890

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

暗い材料ばかりでない! [映像あり]

2020年4月1日

今こそ銘柄クエスト 長い冬に備える未来のブルーチップ [映像あり]

日本経済新聞 田中 彰一コンテンツプロデューサー

2020年3月31日

[PR]

業績ニュース

USMH、純利益29%減 19年2月期、販売低迷や人件費増

2019/4/9 20:30
保存
共有
印刷
その他

食品スーパーのユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス(USMH)が9日発表した2019年2月期連結決算は、純利益が前の期比29%減の53億円だった。従来予想(61億円)を下回り、マルエツなどの3社が統合した16年2月期以降で初めての最終減益となった。競争激化による販売の低迷と人件費などの費用増が響いた。

売上高にあたる営業収益は微増の6943億円、営業利益は16%減の118億円だった。2月末の国内店舗数は516と1年で5店増やしたが、既存店売上高は1.5%のマイナスだった。

人手不足に伴う人件費や物流費に加え、電気料金の上昇で光熱費も前の期より増加した。税負担の増加で、純利益の減益幅は営業利益よりも拡大した。

同日記者会見した藤田元宏社長は「顧客の嗜好の変化は目まぐるしく、変化をいち早く捉えないといけない」と話した。

業績悪化を嫌気し、午後2時すぎの決算発表後に株価は一時前日比7%安まで下落した。20年2月期見通しの営業収益は前期比2%増の7100億円、純利益は2%増の54億円とした。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム