「出戻り官僚」がもたらす霞が関改革
上級論説委員 藤井 彰夫

2019/4/10 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

今から13年前の2006年1月、本紙1面に「平成9年組の乱」という記事を書いた。薬害エイズ事件など不祥事で官僚批判が広がった1997年(平成9年)に入省した若手官僚たちが「実名」で、霞が関の中から改革に立ち上がったという話だ。

そのリーダーだった朝比奈一郎さん(45)に先日、久しぶりに話を聞いた。「プロジェクトK」と名付けた改革グループは、縦割り行政打破のための官邸直属の本部創設といった提言を出…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]