/

この記事は会員限定です

京大、骨の伸びにカルシウムイオンが関係

[有料会員限定]

京都大学の市村敦彦特定助教らは、大腿骨などの伸びに軟骨細胞内のカルシウムイオンの濃度の変化が関係していることを、マウスの実験で突き止めた。濃度が不規則な変化をするのが重要で、軟骨細胞の表面にあるたんぱく質「TRPM7」が関わっていた。TRPM7が働かないと骨が正常に伸びなかった。人でも同様の仕組みがあると考えられ、折れた骨の治癒を促す薬の開発や移植用軟骨の高品質化などに役立つとみて...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り192文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン