2019年8月19日(月)

京大、骨の伸びにカルシウムイオンが関係

大学
2019/4/10 3:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

京都大学の市村敦彦特定助教らは、大腿骨などの伸びに軟骨細胞内のカルシウムイオンの濃度の変化が関係していることを、マウスの実験で突き止めた。濃度が不規則な変化をするのが重要で、軟骨細胞の表面にあるたんぱく質「TRPM7」が関わっていた。TRPM7が働かないと骨が正常に伸びなかった。人でも同様の仕組みがあると考えられ、折れた骨の治癒を促す薬の開発や移植用軟骨の高品質化などに役立つと…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。