2019年4月19日(金)

iPS細胞 創薬でも注目、既存薬でALS治験へ

ヘルスケア
科学&新技術
2019/4/10 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

iPS細胞と既存薬の転用を組み合わせた治療薬の開発が加速している。京都大学などの研究チームは、全身の筋肉が次第に衰える難病の筋萎縮性側索硬化症(ALS)の根治を目指す臨床試験(治験)を近く始める。慶応義塾大学でも同様の治験が進む。iPS細胞で病気の原因を解明して新薬を開発する「iPS創薬」への難病患者などの期待は高い。安全性の確認されている既存薬の中から効くものが見つかれば、創薬の効率が高まると…

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報