JR北海道再建に2つの壁、悲願の黒字化へ正念場

2019/4/9 17:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

JR北海道は9日、北海道新幹線が札幌に延伸する2031年度の黒字化に向け、約400億円分の単年度損益改善をめざす経営計画を発表した。新幹線の高速化や快速エアポートの増発、赤字ローカル線の見直し、ホテル事業の拡大などを積み上げて自立を図る。ただ収支改善の柱、新幹線と赤字路線問題にはなお2つの壁が立ちふさがる。

JR北は同日、島田修社長が札幌市で記者会見して23年度までの中期経営計画、新幹線の札幌延…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]