/

この記事は会員限定です

SDGs達成へ相次ぎ連携 山田憲昭・石川県白山市長

(トップに聞く)

[有料会員限定]

石川県白山市が国連の提唱する「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成に向けた取り組みを活発化している。2018年6月には内閣府から「SDGs未来都市」に選定され、活動の推進役となる大学や企業との連携を相次いで打ち出す。山田憲昭市長にSDGsを巡る取り組みや地域活性化への考え方を聞いた。

――SDGsに着目するきっかけは何ですか。

「白山や手取川を有する市内全域を世界ジオパークとして認定を求める活動...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1257文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン