2019年7月17日(水)

[FT]データは資源 個人情報利用に対価を

ラナ・フォルーハー
FT
FT commentators
2019/4/10 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米国経済で今、最も急成長している分野は何だろうか。答えは個人のデジタルデータの収集、分析、販売だ。

米国の個人情報は資源としてみれば、現時点で世界最高の価値を持つ。米民主党の戦略研究組織「フューチャー・マジョリティー」の委託調査によると、IT(情報技術)大手やその他の情報関連企業は、個人情報の利用を通して全体で年間760億ドル(約8兆5000億円)もの収入を上げていた。

米経済・安全保障調査会社…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

ラナ・フォルーハー

FT commentators

グローバル・ビジネス・コメンテーター

Rana Foroohar 米国生まれ。米ニューズウィーク、米タイムを経て2017年3月にFTに移る。米IT(情報技術)企業の事業を通じ蓄積した利用者のデータを駆使した事業モデルの在り方に早くから警鐘を鳴らしてきたことで知られる。米外交問題評議会の生涯会員。

    ソーシャルアカウント:

FT commentators

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。