[FT]米大統領の利下げ圧力、FRBの金融政策決定に負担

2019/4/9 14:21
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

トランプ米大統領が再び公然と金融緩和を求め、政府からの独立を示そうと躍起になっている米連邦準備理事会(FRB)の政策決定に対する政治的影響の影が強まっている。

米国の中央銀行であるFRBは2018年,4度にわたり利上げを行ったが、次に金利を動かす時は、利上げではなく利下げにすべきかどうか、という議論に直面している。FRBの独立性を平気で踏みにじるトランプ氏の口先介入は、政治家の思惑に左右されない…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]