/

この記事は会員限定です

綿花、関税合戦が需要下押し 日本にも影響波及

米中対立1年 揺れる商品相場(8)

[有料会員限定]

木綿の原料になる綿花では米中が主要プレーヤーだ。中国は最大の綿花消費国。米国は綿花を輸出する一方、中国などで加工・生産された繊維製品を輸入している。その米中の対立は相場や取引に変化をもたらした。

中国の綿花消費量は世界の3割を占める。生産量もインドに次ぐ世界2位だが、不足分を米国やブラジルから輸入。綿花を原料とする綿糸や綿布を自国に供給し、加工した繊維製品を米国などに輸出している。一方、米国の綿...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り812文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン