/

衆院2補選が告示、大阪12区と沖縄3区 参院選の前哨戦

衆院大阪12区と沖縄3区の両補欠選挙が9日告示され、21日の投開票に向けた選挙戦が始まった。大阪12区は7日の大阪府知事・市長のダブル選を制した日本維新の会や自民党など4候補が出馬。沖縄3区は米軍普天間基地の名護市辺野古への移設や経済振興策が争点で、与野党の一騎打ちになる公算が大きい。与野党は夏の参院選の前哨戦と位置づけ、総力戦の構えだ。

沖縄3区は基地問題などが焦点だ(3月26日、沖縄県名護市辺野古の沿岸部)=共同

大阪12区は自民党の北川知克氏の死去に伴う選挙だ。「弔い合戦」を前面に出す自民党は新人で北川氏のおいの北川晋平氏を公認。公明党が推薦する。維新は新人の藤田文武氏を擁立した。民主党政権で総務相を務めた樽床伸二氏は衆院議員を辞職して無所属で立候補。共産党は前衆院議員で無所属の宮本岳志氏をたて、野党統一候補とする狙いだったが、立憲民主、国民民主の両党は自主投票とする方針だ。

沖縄3区補選は県知事に転出した玉城デニー氏が衆院議員を失職したのに伴い実施される。自民党は元参院議員の島尻安伊子元沖縄・北方相を擁立し、公明党が推薦。立憲民主党や自由党、共産党、社民党など辺野古移設に反対する「オール沖縄」勢力が支持する新人でフリージャーナリストの屋良朝博氏は無所属で出馬する。

沖縄3区は争点となる普天間基地問題の移設先である辺野古地区を抱える。移設容認派の島尻氏は地域経済の振興策を中心に支持を訴える一方、屋良氏は移設反対を前面に打ち出す見通しだ。

自民党は7日投開票の大阪ダブル選で維新の候補に敗北したばかり。沖縄県でも昨年9月の知事選で自民党の候補が敗れた。今回の両補選を落とせば参院選に向けた立て直しは容易でないとの危機感を強めている。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン