/

この記事は会員限定です

イオン、中国でIT店舗 顧客の要望に先回り

[有料会員限定]

イオンは2020年にも中国でIT(情報技術)を駆使し、顧客の要望に先回りする店舗を設ける。中国で約480店を展開するイオングループ店舗のうち、数年内に80店舗をめどに置き換える。ITによって小売店が急速に進化する中国市場でIT人材の獲得やノウハウの蓄積を急ぎ、日本や東南アジアなどで省力化につながる新型店の展開を目指す。

顔認証技術などを活用してカメラで入店客を認識する。その顧客の購買動向の分析やキャッシ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り471文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン