/

この記事は会員限定です

令和に新たなワインの歴史を

こだま

[有料会員限定]

新元号は「令和」に決まった。「非常に良い響きではないか」(茨城県つくば市の五十嵐立青市長)など地域からも歓迎する声があがる。明治、大正、昭和、平成、そして令和と我々はどのような歴史を刻んでいくのだろうか。思い浮かべたのはワインだ。

牛久市は2019年3月、日本初の本格ワイン醸造場として知られる「牛久シャトー」について、所有するオエノンホールディングスと包括連携協定を結んだ。18年12月に同社が業績悪化を理由に飲食・物販事...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り777文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン