/

この記事は会員限定です

西武信金、反社会勢力に融資の疑い 金融庁が検査

管理体制など焦点に

[有料会員限定]

信用金庫大手の西武信用金庫(東京・中野)が暴力団など反社会的勢力と関わりのある企業に融資していた疑いのあることが8日、分かった。金融庁は同金庫の融資審査や管理体制に不備がなかったか立ち入り検査を含めて詳しく調べている。組織的に不適切な融資をしていたおそれもあるとみて取引実態を慎重に見極めた上で、行政処分に踏み切るかを検討する。

西武信金は東京や埼玉など首都圏で展開し、預金残高は2兆円を超える大手...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り889文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン