/

この記事は会員限定です

新知事に聞く 「食と観光に重点」 経済のけん引役に

[有料会員限定]

北海道知事に就任する鈴木直道氏(38)が8日、日本経済新聞などのインタビューに応じた。150本以上掲げる公約のなかで、まず人口減少対策に取り組むと強調。道内経済の活性化では「食と観光」を重視する方針を掲げる。2020年度を予定する道内7空港の一括民営化も契機に、成長戦略を描く構えだ。

――38歳は全国でも最年少知事となります。

「若輩で経験不足の部分はあるが、首長という仕事は危機管理を含めて24...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り779文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

統一地方選

4年に一度の統一地方選が行われる。今年は統一地方選と夏の参院選が12年に一度重なる「亥(い)年選挙」。与野党対決となる北海道知事選などがあり、夏の参院選と合わせて結果が注目される。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン