/

徴用工問題の対応「大統領に伝達を」 首相、駐日大使と面会

安倍晋三首相は8日、韓国の李洙勲(イ・スフン)駐日大使と首相官邸で面会した。元徴用工問題で韓国に適切な対応を取るよう求め、文在寅(ムン・ジェイン)大統領に伝えるよう求めた。李氏は大使交代に伴うあいさつで官邸を訪れた。後任は南官杓(ナム・グァンピョ)前国家安保室第2次長が内定している。

元徴用工問題では韓国弁護団が4日に日本企業4社を追加で提訴した。日本は韓国政府に日韓請求権協定に基づく協議を求め、韓国側は「検討中」として応じていない。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン