/

この記事は会員限定です

[社説]AIを上手に使う社会へ「原則」生かせ

[有料会員限定]

人工知能(AI)が身近になるなか、社会はどう活用すべきか。政府がその基本原則を示した。AIを便利な道具としてだけでなく、人の価値や尊厳の向上に役立てるべきだとした。原則に拘束力はなく、踏み込めなかった点もあるが、これを出発点に産業界などでもルールづくりを進めたい。

政府の有識者会議がまとめた案について国民の意見を聞き、正式に決めた。AIをめぐり国内では学会や企業の一部が倫理指針や利用ルールを定めて...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り736文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン