2019年4月20日(土)

高性能爆薬製造疑い 高校生を書類送検、警視庁

社会
2019/4/8 18:28
保存
共有
印刷
その他

高性能爆薬「四硝酸エリスリトール(ETN)」を自宅で製造したなどとして、警視庁公安部は8日、東京都の男子高校生(16)を火薬類取締法違反(製造・所持)容疑で書類送検した。同部によると、「知識として製造法を知っておきたかった」と容疑を認めている。

同部によると、男子高校生は爆薬などを製造し爆発物取締罰則違反などの罪で名古屋地裁で3月に懲役3年以上5年以下の不定期刑を言い渡された名古屋市の元大学生と、2018年に交流サイト(SNS)を通じて知り合った。爆薬の製造法を情報交換していたという。元大学生に関する捜査で浮上、警視庁が男子高校生の自宅を家宅捜索してETNを押収した。

書類送検容疑は18年8月、自宅でETNが含まれる粉末約2.4グラムを製造し、同年10月に所持していた疑い。

男子高校生はインターネットの市販サイトで材料を購入し、自身の知識や元大学生からの情報をもとに爆薬を製造したとされる。爆薬を燃焼させたことはなく、自宅に保管していたという。

ETNは殺傷能力が強い爆薬で、火薬類取締法は無許可での製造や所持を禁じている。警視庁が押収したETNの一部で実験したところ、爆薬を詰めた金属製容器が破裂する威力があった。

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報