2019年5月21日(火)

名鉄と群馬大 自動運転バスの実証実験

自動車・機械
中部
北関東・信越
2019/4/8 19:30
保存
共有
印刷
その他

名古屋鉄道と名鉄バスは8日、群馬大学の技術協力を得て自動運転バスの実証実験を始めた。愛知県内では自動運転の実験が盛んだが、公道でバスを使った例は初めてという。同日、報道陣に公開した。

運転手は手元のタブレットで操作する(8日午後、愛知県尾張旭市内)

36人乗りのマイクロバスを運行(8日午後、愛知県尾張旭市)

尾張旭駅(愛知県尾張旭市)を出発し、愛知医科大学病院(長久手市)までの4.5kmの区間で行う。午前9時半から午後4時半までに1日5往復する。12日には一般公開し、事前に応募・当選した30人が試乗する。

今回は技術に応じて5段階ある自動運転のうち、ドライバーが乗車した状態の「レベル2」にあたる。道路状況に応じて手動に切り替える。走行ルートや車線変更の位置はあらかじめ設定。車体の側面にはレーザーセンサーを埋め込み、自動で障害物を検知できる。

名鉄グループが車両を提供し、自動運転の技術は群馬大学が担う。

運行するバスの乗車定員は36人。案内ロボット「SOTA」君が車内アナウンスも提供する。実験を通じて自動運転に対する地元の理解を進めるとともに、ニーズの把握に努める。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報