/

この記事は会員限定です

LINEに挑んだ「影の創業者」

ソーシャルの衝撃(7)

(更新) [有料会員限定]

LINEの源流企業の一つが、2000年代初めにネットゲーム世界最大手の座に君臨したハンゲームだ。ハンゲームの成長を通じ、後のLINEの礎を築いた「影の創業者」ともいえる2人の韓国人はその後、日本市場でライバルとしてLINEに挑むという数奇な運命をたどる。ネット興隆期、勝敗が紙一重で交錯する中で重ねた2人のこの20年の成功と失敗は、結果として日韓ネットサービスの底上げに大きな役割を果たした。

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4641文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ネット興亡記 第4部

インターネットは私たちのコミュニケーションの形を変えた。かつては電話帳の中に潜んでいた人と人とのつながりがインターネットと結びついたとき、膨大なデータに変わった。ソーシャルネットワーク革命は巨大産業を生み出す一方、個人データのあり方などの新たな社会問題を突きつけている。ネット興亡記・第4部は「ソーシャルの衝撃」の担い手たちの実像に迫る。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン