/

希望・中山元拉致相、参院選不出馬へ

希望の党の中山恭子参院議員は8日、夏の参院選に出馬しない意向をフェイスブック上で表明した。「心残りは北朝鮮による拉致問題だ。一刻も早く拉致被害者がご家族のもとに戻ることを切に願う」と記した。中山氏は2007年に自民党から出馬し初当選した。08年には拉致問題相に就任した。たちあがれ日本、旧日本維新の会、次世代の党などに参加した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン