スポーツ > Tokyo2020 > おりぱ写 > 記事

おりぱ写

フォローする

人工のカヌー会場、注水開始 ブロックで渦つくり出す

2019/4/15 5:40
保存
共有
印刷
その他

 水を張る作業がスタートした、カヌー・スラロームセンター(1日午前、東京都江戸川区)=共同

水を張る作業がスタートした、カヌー・スラロームセンター(1日午前、東京都江戸川区)=共同

東京五輪に向けて建設中のカヌー・スラロームセンター(東京都江戸川区)に水を張る作業が1日、スタートした。必要な水量は約1万8千立方メートル。担当者の合図によって、コース内へと少しずつ水が流れ込んだ。約2週間かけて満水にする。

水は水道水で、会場内でろ過設備を通して循環させる。都によると、五輪本番前には水を入れ替える予定という。

この会場は国内初の人工コースで、全長約200メートル。競技を行う際は大型ポンプでスタート地点の高さ約4.5メートルまで毎秒約12トンの水をくみ上げて流し、コース内に設けたブロックで渦などをつくり出す。深さは約1.5メートルになる。コースは5月末に完成予定で、10月にテスト大会を実施する。

おりぱ写をMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

おりぱ写 一覧

フォローする
 東京五輪・パラリンピック組織委と寝具メーカー「エアウィーヴ」が披露した、選手村で使用する寝具一式=共同共同


 寝具メーカーのエアウィーヴ(東京・中央)と東京五輪・パラリンピック大会組織委員会は9月24日、選手村で選手たちが使う寝具一式を発表した。
 快適性に加え、環境配慮や使い勝手も重視。ベッドフレームは段ボ …続き (10/10)

 日本オリンピックミュージアムで過去大会の聖火のトーチを見る小学生(2日、東京都新宿区)=共同共同


 日本オリンピック委員会(JOC)が新設した五輪博物館「日本オリンピックミュージアム」が14日、新国立競技場もほど近い神宮外苑エリアにオープンする。五輪の意義や歴史を紹介する展示と映像に加え、競技の体 …続き (9/10)

傘をかぶって活動するボランティア(右の2人)を視察する東京都の小池百合子知事(手前左から2人目)=共同共同


 7月下旬、東京五輪のビーチバレーのテスト大会が行われた潮風公園(東京・品川)周辺に一風変わったボランティアの姿があった。最寄り駅や会場への道路上で大会のビラを配ったり、休憩場所を案内したり。その頭の …続き (8/8)

ハイライト・スポーツ

[PR]