/

この記事は会員限定です

[FT]偽ニュース規制法は乱用の懸念も(社説)

[有料会員限定]
Financial Times

「フェイク(偽)ニュース」という言葉が作られるずっと以前から、独裁国家から過激派組織までがそれを広めていた。ソーシャルメディアの台頭で、虚偽情報が拡散する速度とその影響力は飛躍的に高まった。だが、シンガポールが検討しているように偽ニュースを流した者を直接処罰できるようにするのは問題だ。トップダウンのやり方は乱用され、検閲につながる危険をはらむ。偽ニュースへの最善の対処方法は、それを見極めて受け入れ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1720文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン