オリパラ考

フォローする

フル代表が着るサムライブルー、障害者サッカーにも

2019/4/14 5:40
保存
共有
印刷
その他

5人制(ブラインド)サッカーの国際大会ワールドグランプリ第2回大会が、3月19日から8カ国が参加して東京都品川区の天王洲公園で開かれた。日本が4位に終わったのに対し、連覇を達成したアルゼンチンの強さが際立ったが、このチームが別の視点で注目を集めたのがユニホームだ。

健常者のフル代表と全く同じ、おなじみの白と水色のストライプ柄を着ていた。得点王とMVPを獲得したマキシミリアーノ・エスピニージョは「メッシと同じユニホームが着られ、誇りに思って毎回戦っている」と話した。

マルティン・デモンテ監督によると、2003年からアルゼンチンサッカー協会が視覚障害者スポーツを統括する国内組織をサポート。フル代表と同じジャージーやパンツ、ソックスを提供している。参加国ではイングランドも代表と同一ユニホームで、胸のワッペンも同じ「3匹のライオン」だ。スペインも今年1月から同じにした。トルコはパラリンピックなど大きな大会では同じものを着る。

日本代表が身につけていたのは、フル代表と同じアディダス社製でも、サムライブルーとは別。これは17年6月、聴覚障害なども含む7つの障害者サッカー団体で統一したユニホームとして新たに作られたものだ。選手にはサムライブルーが着たいという思いがあったが、日本サッカー協会も含め各団体のスポンサーとの兼ね合いがあり、一気にフル代表と同じにはならなかった。その後ユニホーム統一の協議は「進んでいない」と関係者は話す。自国開催のパラリンピックで五輪と同じサムライブルーを着てこそ、サッカーファンみんなで応援する機運が生まれるのではないだろうか。

(摂待卓)

オリパラ考をMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

オリパラ考 一覧

フォローする
東京五輪マラソン代表選考会でナイキの厚底シューズを履く選手(19年9月)=共同共同

厚底シューズ、禁止できる? [有料会員限定]


 世界陸連はナイキの厚底シューズ「ヴェイパーフライ」をどうするつもりなのだろう。使用禁止へ、と伝えられるが、エリートランナーから市民ランナーにまでこれほど普及したものを、五輪前に禁止にすることなどでき …続き (1/24)

交通事故に巻き込まれて負傷した桃田。今後のプレーへの影響は楽観できない

 バドミントン男子の桃田賢斗(25)が13日、遠征先のマレーシアで交通事故に巻き込まれて負傷した。2020年初戦のマレーシア・マスターズで優勝した翌日。帰国するため空港に向かっていた道中で見舞われた不 …続き (1/17)

高視聴率を誇る箱根駅伝だが、その価値を十分に生かし切れていない=共同共同

 国内最強のスポーツコンテンツといえば箱根駅伝が挙げられる。新年2日、3日のテレビ中継の関東地区の平均視聴率は往路が27.5%、復路が28.6%。2年連続の30%超えはならなかったが、2日間で約11時 …続き (1/10)

ハイライト・スポーツ

[PR]