ブレグジットの政治学 失われた多数派を求めて
編集委員 清水真人

政治アカデメイア
2019/4/9 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

とうとう合意なき欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)か。それとも瀬戸際で打開工作が実るのか――。首相テリーザ・メイと議会下院が泥仕合に陥り、円滑な出口を見失って混迷する英国の議院内閣制。平成日本の政治改革や橋本行革がモデルとした「強い首相」による安定した統治の面影は薄れる。議会から失われた「多数派」を追い求めてギリギリの工作が続く。

■民意とEUが英議会を挟撃

「英国の議院内閣制が強力な政府を実現…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]