2019年6月25日(火)

河村市長「市民の評価大きい」、市議報酬引き下げ案提出へ

中部
2019/4/8 11:55
保存
共有
印刷
その他

7日投開票の名古屋市議選で、地域政党「減税日本」が改選前から議席数を6増やし14としたことを受け、代表を務める河村たかし市長は8日の記者会見で、「これだけの議席を市民が与えてくれた。やってきたことへの評価は大きいと思う」と話した。市議報酬を年800万円に引き下げる改正案を、6月定例会で改めて市議会に提出する考えも示した。

記者会見する名古屋市の河村たかし市長(8日、名古屋市役所)

2月定例会にも同様の改正案を出したが、自民、民主、公明の主要3会派は現状の年1455万円を維持する案を提出し、賛成多数で可決。河村市長は、市議選後に改正案を出し直す方針を示していた。

市議選では、減税日本が擁立した18人のうち14人が当選し、大きく躍進した。一方、第1党は自民党が引き続き維持しており、市議報酬の改正案が可決するかは不透明だ。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報