日本アクセス、中国で外食向け卸参入 アリババ系と合弁

2019/4/8 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

大手食品卸の日本アクセスは中国で外食向けの卸売事業に参入する。6月にも中国のネット通販大手、アリババ集団の傘下企業と合弁会社を設立する。中国でも人件費や物流費が上昇している。日本式の効率的な流通の仕組みを提案し、拡大が続く中国の外食市場を掘り起こす。

アリババ傘下で生鮮部門の取引を請け負う上海易果電子商務と合弁会社を設立する。資本金は約8500万円で日本アクセスが30%出資する。

中国では卸売り…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]