2019年5月25日(土)

「リーダーは県民が決める」福岡知事選3選の小川氏

統一地方選2019
九州・沖縄
2019/4/7 21:34
保存
共有
印刷
その他

福岡県知事選で3選を果たした小川洋氏(69)の陣営は7日夜、福岡市博多区のオフィスビルの会議室に集まり情勢を見守った。午後8時、投票締め切りと同時に小川氏の勝利が伝わると、支援者から「おー」という歓声とともに大きな拍手が上がった。小川氏も間もなく笑顔で姿を見せ「今回の勝利は県民の勝利といっても過言ではない」と勝利宣言した。

福岡県知事選で当選を決めバンザイする小川氏(中)(7日午後、福岡市博多区)

福岡県知事選で当選を決めバンザイする小川氏(中)(7日午後、福岡市博多区)

過去2回の選挙では小川氏を支援した自民党が今回は対抗馬を擁立し、保守分裂の展開に。小川氏は「これまでの選挙とは全く異なる手探り手作りの選挙戦になった」と振り返った。会場には自民党の山崎拓元副総裁のほか、複数の地元選出国会議員や県議が顔をそろえた。

【関連記事】知事選の開票詳報

自民の「身内」のいさかいに有権者から批判があったことも念頭に、小川氏は「『県民のリーダーは県民が決める』という思いの多くの県民が結集し当選できた」と強調。党派を超えた支持を得られたと手応えを語った上で「福岡県のさらなる発展のために全力を尽くす」と力を込めた。

福岡県知事選で当選を決め、支援者と握手を交わす小川氏(右)(7日、福岡市博多区)

福岡県知事選で当選を決め、支援者と握手を交わす小川氏(右)(7日、福岡市博多区)

3期目の抱負を問われると、九州北部豪雨からの復興や人口減少対策に力を入れるとした。県と福岡市が導入を巡り対立している宿泊税についても「速やかに解決を図っていきたい」と語った。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報